社長挨拶

メッセージ

学生のみなさまへ

私ども早野組は、1887年(明治20年)の創業以来、山梨県を基盤として関東、中部、東海エリアで総合建設業を展開しております。

戦後、建設業界は国土の保全や生活環境の整備など社会資本の整備を進めるための活発な公共事業の推進に携わってきました。また、日本経済の成長による民間企業の積極的な設備投資等もあり急速に発展してまいりました。

現在、社会資本の整備は進み、これからの建設会社の使命は発注者様からの工事を安全で高品質に完成することは当然といたしまして、環境にも配慮しながら、未来へ受け継がれる豊かな生活環境を構築するために、老朽化する資産をいかに後世に安全なものとして残していくかだと考えます。

受け継いできた日本の伝統文化や価値を考えながら、古民家や街にある空きビルの改築利用などリノベーション事業を通して地域復興、発展に貢献する再生建築の必要性を強く感じております。また、私たちの力を必要としている地域社会には、世界へ向けて新しいものを生み出す無限の可能性があります。

信頼関係を第一に日常をデザインし、新しいライフスタイルを開拓していく原動力となって地域社会を支え、社会貢献をすることに誇りを持って仕事に臨み、取り組むことを大切にしております。

早野グループは、総合建設業以外に多岐にわたって事業を展開しております。グループ会社内では、研修・懇親会・スポーツ大会・女性委員会など多くの催しを行い、社員同士の交流を促す職場環境の形成に力を入れております。プライベートでの交流を含めた、アットホームな人間関係をつくるには、明るいコミュニケーションの取れる能力が大切です。早野グループでの社員交流から刺激を受け、見聞を広めて感性を養う場として早野グループで働くことを心から楽しみ、責任、役割を果たしながら仲間たちと手を取り合い切磋琢磨しております。

早野組はたくさんのお客様に支えられてきた歴史があります。建設業はたくさんの方々にパワーをいただきます。私たちはそのいただいたパワー以上の還元を社会にしていかなければなりません。責任ある立場を自覚し、技術を磨き、実力を発揮していける環境を創っていくことに、総力を注いでまいります。

2017年04月1日
株式会社 早野組
代表取締役社長 早野 正泰