沿革

創業

1887年(明治20年)の創業以来、山梨県を基盤として関東、中部、東海エリアで総合建設業を展開。戦後、国土の保全や生活環境の整備など社会資本の整備を進めるための活発な公共事業の推進に携わってきました。

banner
明治20年(1887)初代社長早野金蔵により早野組創業
明治29年(1896)鉄道省中央本線笹子隧道新設工事着工
明治38年(1905)鉄道省中央東線水害応急請負
明治44年(1911)甲府市千秋橋落成
明治45年(1912)国道8号(現在国道137号)新設工事請負
大正 7年(1918)玉幡競馬場建設工事請負(甲府)
昭和 8年(1933)山梨県土木建築請負業組合(現山梨県建設業協会)が発足し初代会長に早野金蔵就任
代表者早野金蔵死亡により休業
昭和29年(1954)2代目社長早野欽介により早野組の事業再開
6月19日資本金100万円を以て(株)早野組を設立
昭和34年(1959)建設大臣登録(ト)第3274号
昭和35年(1960)資本金を400万円に増資
昭和37年(1962)中部地区の拠点として飯田営業所を開設
昭和40年(1965)3代目社長に大橋一良就任
資本金を1,250万円に増資
八田アスファルトプラント開設
昭和42年(1967)4代目社長に青柳佐八郎就任
昭和43年(1968)飯田営業所を中部支店に昇格
昭和44年(1969)5代目社長に平山銑一就任
資本金を2,500万円に増資
昭和45年(1970)静岡営業所を開設
昭和47年(1972)6代目社長に早野潔就任
資本金を4,000万円に増資
身延アスファルトプラント開設
昭和50年(1975)岐阜営業所を開設
資本金を6,000万円に増資
昭和51年(1976)資本金を1億2,000万円に増資
電算管理室を開設し、コンピュータを導入
昭和53年(1978)関東地区の拠点として東京営業所を開設
昭和56年(1981)東京営業所を東京支店に昇格
平成元年(1989)資本金を1億8,000万円に増資
平成4年(1992)新本社屋竣工
平成7年(1995)東京支店を八王子に移転、新宿営業所を開設
平成8年(1996)八田・身延アスファルトプラント改築
平成10年(1998)品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」認証取得
平成11年(1999)新宿営業所を閉鎖
平成13年(2001)環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」認証取得
平成14年(2002)品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」を2000年版に移行
平成15年(2003)南アルプス営業所を開設
平成16年(2004)神田営業所を開設
平成17年(2005)「ISO14001」を2004年版に移行
平成18年(2006)新宿営業所を開設(神田営業所を閉鎖)
平成20年(2008)中部支店、静岡営業所、岐阜営業所、南アルプス営業所を移転
平成22年(2010)「ISO9001」を2008年版に移行
平成24年(2012)早野リバブルを開設
平成25年(2013)7代目社長に早野正泰就任
平成29年(2017)南アルプス営業所 閉鎖、現在に至る